u-baby
サイト内検索 →
サイトマップ →
 
 
HOME > 宇部市役所 > 家庭における食育のすすめ【宇部市の学校給食】 〜学校給食を活用した食育情報の紹介〜
 

● 家庭における食育のすすめ【宇部市の学校給食】 〜学校給食を活用した食育情報の紹介〜

 
このページでは、ご家庭でぜひ試してほしい、おいしいメニューを紹介していきます。
あわせて、学校の食育活動や地元の生産者の紹介をしますので、ぜひ、ご家庭でご家族一緒の食事の際の話題としてご活用ください。

今回は【食材情報No.4「宇部れんこん」】です。

東岐波に、れんこん畑があり、「宇部れんこん」として出荷されているのを知ってますか? 学校給食でも使われています。

 生産者は福田さん、夫婦2人でれんこん作りに取り組んでいます。宇部れんこんは白いのが特徴。収穫は8月から3月までですが、8月のれんこんは真っ白でしゃきしゃき、秋から冬になると、土の中で熟成が進み、煮物にするとほくほくした食感が楽しめます。
 3月から4月に植え付け、夏には白い花が咲きます。収穫は、暑い季節から寒さの厳しい冬まで行いますが、冬は、スウェットスーツの中にダウンを着たり、ホッカイロを貼ったりと寒さ対策をしながら、氷が張るような冷たい田んぼの中で収穫作業をしています。
 収穫は、葉っぱを取り除き、水圧器で水を当てながら手探りでれんこんを探しながら、水圧を利用して掘るという力仕事です。また、カモがれんこんの芽を食べてしまうので、カモよけの網を張ったりと、大変な作業を経て、美味しいれんこんが出荷されます。

 「学校給食で使っていただいていますが、まだ「宇部れんこん」を知らない市民の方が多いです。もっと宇部れんこんが広まればと思っています。」と、福田さん。
 みなさんぜひ、宇部れんこんを食べてみてください。アルク恩田店、阿知須サンパーク新鮮館、JA新鮮館厚南店などで、販売されています。



[ 給食メニューレシピ紹介 ]

れんこんを使った給食レシピを紹介します。
れんこんは、煮る、炒める、揚げる、いろいろな料理法で楽しめます。

ほくほく感を楽しめる
・秋の吹き寄せ煮
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/kosodate/shouchuu/gakkoukyuushoku/recipe/akinofukiyose.html

お肉と一緒で美味しさアップ
・トントンれんこん
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/kosodate/shouchuu/gakkoukyuushoku/recipe/tonntonnrennkonn.html

・牛肉ごまれんこん
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/kosodate/shouchuu/gakkoukyuushoku/recipe/gyuunikugomarennkonn.html

ぜひ試してみてください!
 
 
 

TOPHOME

Copyright (C) Ube City.All Rights Reserved.