u-baby
サイト内検索 →
サイトマップ →
 
HOME > 子育てヒント > 病気と手当て・症状からみた対応
 

症状からみた対応

さっきまで元気に遊んでいた子どもが、突然、熱を出したり、ぐったりすることはよくあるものです。子どもの病気は進行が速いので、早く発見して、早く治療することが大切です。

子どもの様子をよく見る

しかし、あわててお医者んのところに行く前に、子どもの様子をよく観察してみることが必要です。
発熱、せき、下痢、嘔吐などの症状がありますか?いつごろからですか?前日や前々日に何か思い当たることなどありませんでしたか?
子どもの様子をよく見ながら、ちょっとでもいつもと様子が違うと感じたときは、お医者さんの診察を受けましょう。

発熱

すぐお医者さんへ
診療時間にお医者さんへ
心配ない
<症状>
  • 生後6ヶ月未満
  • ひどく機嫌が悪い
  • ぐったりしている
  • 苦しそう
  • けいれんが5分以上つづいた
  • けいれんのあと意識が戻らない
<症状>
  • 39℃以下の高熱
  • 下痢や嘔吐がある
  • 発疹がでた
  • 鼻水、鼻づまり、せきがある
  • 食欲がない
  • 2日たっても熱が下がらない
  • 夜中に突然激しく泣き出し、耳に手をやったりする
<症状>
  • 室温が高すぎたり、厚着をしている

着せすぎのせい、家で様子を見る

発熱をともなう主な子どもの病気

かぜ、インフルエンザ、突発性発疹、水ぼうそう、急性気管支炎、急性扁桃炎、急性中耳炎、はしか、
日本脳炎、 肺炎、百日ぜき、川崎病

熱がでたときの手当てのしかた

  • 氷まくらなどで頭を冷やす。
  • 汗をかいたら、ときどきからだをふいて清潔にし、ぬれた衣服はこまめに替える。
  • 熱が高いときは脱水症状を防ぐために、湯冷ましなどを飲ませて水分の補給をする。

発疹がでた

診療時間にお医者さんへ
<症状>
  • 熱がある
  • 1週間以内にかぜのような症状がおこった、発熱とともに発疹がでた
  • 熱が下がると同時に発疹がでた
  • かゆみがあり、やがて水泡になった
  • 首や耳の後ろのリンパ節がはれている
  • のどが痛い
  • 白目の充血や唇の発赤がある
  • 手のひら、足の裏、ひざ、おしり、口の中に水泡がある
  • 2歳以上で両側のほおに蝶形の紅斑がある
  • 短時間ででたり消えたりする、でる場所が不定
  • 1時間以内に薬を服用した
  • 2〜3日たっても治らない

発疹をともなう主な子どもの病気

あせも、湿疹、突発性発疹、とびひ、手足口病、水ぼうそう、はしか、川崎病

発疹がでたときの手当てのしかた

   
  • 熱がある場合は静かに寝かせて頭を冷やし、湯冷ましなどを飲ませて水分の補給をする。
  • 発疹をいじったり引っかかないように気をつける。
  • 症状がなくなっても、お医者さんの許可がでるまでは治療をつづける。

下痢をしている

すぐお医者さんへ
診療時間にお医者さんへ
心配ない
<症状>
  • 様子を見ていると、おしっこの量が少なくなってきた
  • 唇が乾いてきた
  • ぐったりしてきた
  • 便に赤い血がまじる
  • 便に赤黒い血がまじる
<症状>
  • 水様便を1日何回もくりかえし、量も多い
  • 熱、嘔吐を伴う
  • 薬を服用している
  • 3日以上たつがよくならない
<症状>
  • 離乳食を開始し、新しい食品を食べさせた

いやがらなければつづけてもよい。気になるようなら離乳食を2〜3日休んでみる。

下痢をともなう主な子どもの病気

かぜ、乳児冬期下痢症、急性消化性不良証、食中毒、赤痢、アレルギー性胃腸炎

下痢をしたときの手当てのしかた

          
  • おむつは汚れたらすぐにとり替え、お尻もいつも清潔にしておく。
  • 湯冷ましやほうじ茶などを与えて脱水症状などを防ぐ。
  • 市販の下痢止めを勝手に使わず、お医者さんの診察を受ける。

せきがでる

すぐお医者さんへ
診療時間にお医者さんへ
心配ない
<症状>
  • 高熱がでる
  • たんのからんだような湿ったせきをして苦しそう
  • 乾いた激しいせきで息を吸うときに苦しそう
  • 夜中にかん高い激しいせきがでて、息を吸うときに苦しそう
<症状>
  • 発熱、鼻水、鼻づまりがある
  • 熱はないがゼロゼロ、ヒューヒューと苦しそう
  • アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患にかかっている
  • 家族のだれかがアレルギー性疾患にかかったことがある
  • 熱はあってもそれほど高くない
  • せき、ゼロゼロが長引く
  • 呼吸は苦しそうではない
  • 激しいせきがでる
<症状>
  • 家族にたばこを吸う人がいる

子どものいる部屋ではたばこを吸わないようにする。

せきをともなう主な子どもの病気

かぜ、気管支炎、ぜんそく様気管支炎、気管支ぜんそく、インフルエンザ、肺炎、百日ぜき

せきがでるときの手当てのしかた

  • 加湿器などではなの粘膜を湿らせる。
  • 消化のよいものを少しずつ何回かに分けて与える。
<こんなときは急いで病院へ>
  • ぐったりしている。
  • おなかを痛がっている。
  • 息が苦しく寝苦しそうにしている。
  • せきが激しく高熱や嘔吐があるとき。

嘔吐

すぐお医者さんへ
診療時間にお医者さんへ
<症状>
  • ひどく機嫌が悪い
  • 高熱がある
  • おしっこの量が少ない
  • 唇が乾いている
  • ぐったりしている
  • 激しく泣く
  • 吐いたものが黄緑色
  • おなかにしこりがある
<症状>
  • 生後2ヶ月未満で授乳のたびに噴水のように吐く
  • 体重が増えない
  • 発熱、下痢をともなう
  • せきとともにゲボッと吐く
  • 2歳以上で激しい嘔吐をくりかえす

 
 
 
 

TOPHOME

Copyright (C) Ube City.All Rights Reserved.