u-baby
サイト内検索 →
サイトマップ →
 
HOME > 子育てヒント > 事故予防及び緊急時の対応・応急手当て
 

応急手当て

緊急時の連絡先をメモしておきましょう。
緊急用品を用意しておきましょう。

誤飲の時(吐かせ方)

  1. 誤飲・吐かせ方のイラストはかせてよいか確認する
  2. 牛乳か水を大量に飲ませる
  3. 膝の上にうつぶせにしてのせ、のどに指を入れて吐かせる
■様子を見ていいとき
蚊取り線香、マッチ、絵具、クレヨン、粘土、インク、お酒、体温計(ガラスの破片で口を切っていないか確認)
※量が多いときは念のため病院へ

■吐かせないですぐ病院へ
トイレ洗剤、石油製品(灯油、ガソリン、シンナーなど)除光液、ボタン、電池

■吐かせてから急いで病院へ
  • たばこ→さ湯か牛乳を飲ませ吐かせる
  • 大人の薬→牛乳を飲ませて吐かせる
  • 男性化粧品(ヘアトニック、オーデコロンなど)→水または牛乳を飲ませて吐かせる
  • ナフタリン→吐かせて、お湯を多く飲ませる。牛乳は絶対飲ませないこと

やけどをした時

  1. やけどをした時のイラスト痛みがとれる2分以上を目安に、流水で十分に冷やす
    (薬はつけないこと。服は無理に脱がせない)
  2. 水ぶくれになった時や、大きなやけどは病院で診てもらうこと

頭を打った時

  1. 意識がなく顔が青ざめている
  2. 耳や鼻からの充血
  3. 嘔吐、けいれん、頭痛などがある
    ※こんな時は救急車で病院へ
頭を打った時のイラスト■こんな時は、ひとまず安心
  • 打った直後大声で泣いて、けろっとしている
  • こぶはできたが、ほかに異常が見られない
  • 意識がはっきりしている
  • 嘔吐、ひきつけなど変わった様子が見られない
※しかし、何日かたってから症状が出る場合もあるので注意して観察しましょう。

目にゴミが入った時

  • 目は決してこすらない
  • 脱脂綿かガーゼをぬらして取り除いてあげる
  • 涙といっしょに流れることが多い


鼻血が出た時

  • えりもとをゆるめ、毛布やクッションで頭を高くして寝かせる
  • 出血している方の小鼻の先を上に向けて4〜5分押さえる


耳に虫が入った時

  • 回りを暗くして、懐中電灯を耳にあて、虫を光で誘い出す

 
 
 

TOPHOME

Copyright (C) Ube City.All Rights Reserved.