u-baby
サイト内検索 →
サイトマップ →
 
HOME > 子育てヒント > 事故予防及び緊急時の対応・事故、危険から赤ちゃんを守る

事故・危険から赤ちゃんを守る

事故・危険から赤ちゃんを守るのイラスト赤ちゃんは大人が予想もしない行動をとるもの。赤ちゃん時代からそれぞれの年齢に合わせて、そのつど、何度も何度も注意していくことが必要です。まず、赤ちゃんの目線に合わせて、部屋の中や家のまわりの再点検から始めましょう。
ここでは赤ちゃんの目線で危険物チェックを行いました。

  • コンセント…感電しないようにキャップを
  • ソファー…寝かせない
  • 観葉植物…土を食べないように
  • たばこ…灰皿は手の届かない所に置く
  • アイロン…使い終わったらしまう
  • おもちゃ…小さなおもちゃを飲み込むと危険。口に入る小さい物は与えない
  • 化粧品…なめないように手の届かない所に置く
  • ビニール袋…かぶらないように
  • テーブルクロス…ひっぱると危ないので当分の間はずす
  • ポット…手の届かない所へ
  • 鍋…ひっくりかえすと危ない
  • 流し下…危険な物は置かない
  • 階段…上り口や下り口に柵をつける
  • 洗剤…飲まないように手の届かない所に置く
  • 洗濯機…水を入れておかない。踏み台になるものを置かない
  • 風呂場…浴槽に水をためておかない
  • ガラス…透明なものにはシールを貼る
  • ベランダ…踏み台になるようなものは置かない
  • ベビーベッド…ベッドと柱の間に手をはさんだり、落ちる。柵をする
  • 引出し…指をはさまないように
  • ドア…開閉に注意。赤ちゃんから目を離さない
  • すべり台…ひものついたカバンなどははずす
  • 自転車…子どもを補助いすに乗せたまま止めておかない

事故・危険から赤ちゃんを守るのイラスト
 
 
 

TOPHOME

Copyright (C) Ube City.All Rights Reserved.